• HOME
  •  > 
  • 環境方針

環境方針Environment

  • 環境方針

環境方針

環境マネジメントシステム2002年9月ISO14004取得

制定:2002年5月9日
改定:2016年5月1日
制改定番号:007

基本理念

良き企業市民の責任として「この地球は未来の子孫からの預かりもの」であり、地球環境の保全および循環型社会の構築を担うことが企業活動の重要課題であることを認識し、持続可能な社会の実現に最善を尽くします。

基本方針

当社は、丸紅グループ会社の一員として丸紅グループ環境方針を受け入れ、その環境マネジメントシステムの認証範囲を紙・化成品流通の事業活動、製品及びサービスと定め、地球環境の保全に関する基本方針を以下の通り定める。

1.事業活動においては、常に環境への影響に配慮し、ステークホルダーと協力しながら、資源の有効利用、気候変動への取組み、生物多様性及び生態系の保護等を含む環境保全・環境保護、及び汚染の予防等、環境リスクの低減に務める。
      (1)環境関連の諸法令・規則及び当社が受け入れるその他の要求事項を遵守する。
      (2)事業・取引に際しては、特に環境負荷低減及び汚染の予防に配慮する。
      (3)省エネルギー、省資源、廃棄物削減、グリーン購入及び効率的業務の推進に取り組む。
      (4)環境を保全・改善する事業、商品、サービスの拡充に努力する。
      (5)環境保全の重要性の認識及び方針を実行にうつすために、全社員を対象とした環境教育を実施する。
2.基本方針に沿った活動の成果を検証し、環境パフォーマンスの向上のため環境マネジメントシステムを定期的に見直し、その要求事項への適合の重要性を意識し、その有効性の継続的改善に務める。
3.この環境方針を全ての役員、社員、及び当社のために働く全ての人に周知するとともに社外にも公開する。

森林認証制度/Forest certification schemes

FSCマークPEFCマーク

適正に管理された森林から産出した木材などに認証マーク(ロゴ)を付すことによって、森林の保護を図ろうとする制度。独立した第三者機関が、一定の基準に照らし合わせて評価・認証するもので、世界的な森林減少、劣化問題を背景として、適切な森林経営を目的として生まれました。

・FSC®(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)とは1994年に設立された適切な森林管理を推進することを目的としたNPO団体です。

・PEFCとは1999年に設立された持続可能な森林管理を促進するための国際組織です。