• HOME
  •  > 
  • 企業情報
  •  > 
  • 社是・行動憲章・コンプライアンス・一般事業主行動計画

社是・行動憲章・コンプライアンス・一般事業主行動計画

社是

「正」公正にして明朗なること
「新」進取積極的にして創意工夫を図ること
「和」お互いに人格を尊重し親和協力すること

(就業規則より)

丸紅紙パルプ販売行動憲章

丸紅紙パルプ販売は、公正なる競争を通じて利潤を追求する企業体であると同時に、世界経済の発展に貢献し、社会にとって価値のある企業であることを目指す。 これを踏まえて、以下の6項目を行動の基本原則とする。

1.公正、透明な企業活動の徹底
○ 法律を遵守し、公正な取引を励行する。
○ 内外の政治や行政との健全な関係を保ち、自由競争による営業活動を徹底する。
○ 反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨む。
2.グローバル・ネットワーク企業としての発展
○ 各国、各地域の文化を尊重し、企業活動を通じて地域経済の繁栄に貢献していく。
○ グローバルに理解が得られる経営システムを通じて、各地域社会と調和の取れた発展を目指す。
3.新しい価値の創造
○ 市場や産業の変化に対応するだけでなく、変化を自ら創造し、市場や顧客に対して新しい商品やサービスを提供していく。
○ 既存の常識や枠組みにとらわれることなく、常に新たな可能性にチャレンジする。
4.個性の尊重と独創性の発揮
○ 一人一人の個性を尊重し、独創性が存分に発揮できる、自由で活力のある企業風土を醸成する。
○ 自己管理の下、自らが課題達成へ向けて主体的に行動する。
5.コーポレート・ガバナンスの推進
○ 株主や社会に対して積極的な情報開示を行い、経営の透明度を高める。
○ 経営の改善などに関わる提案を尊重し、株主や社会に対してオープンな経営を目指す。
6.社会貢献や地球環境への積極的な関与
○ 国際社会における企業市民としての責任を自覚し、積極的な社会貢献活動を行う。
○ 地球市民として環境問題に心を配り、健全な地球環境を子孫に継承する。

コンプライアンスの取り組み

「正義と利益のどちらかを取らねばならない状況に遭遇したら、迷わず正義を貫け」

1.コンプライアンスとは
コンプライアンスとは、「法令遵守」という意味で使われることがありますが、法令遵守にとどまらず、「企業倫理の遵守」という意味でも使われます。
当社においてコンプライアンスとは、社是・行動憲章に掲げられた理念に則り、法令・規則・諸規程を遵守するとともに、高い倫理観を保持しながら企業活動を行うことをいいます。
2.コンプライアンスを実践するのは、私たち自身です
企業のコンプライアンスは、企業内の役員および社員の一人一人が、コンプライアンスの意義をよく理解し、企業活動のみならず社会生活においてもコンプライアンスに適った行動をとることによって実践されます。
3.コンプライアンス委員会の役割
当社の役員および社員がコンプライアンスを確実に実践することを支援・指導する組織として、社長直轄のコンプライアンス委員会が設置されています。
4.コンプライアンスの徹底
コンプライアンス研修会を開催してその教育・指導を図るとともに、役員・社員全員に「コンプライアンス・マニュアル」を配布して、その徹底に取り組んでいます。

個人情報保護

一般事業主行動計画